おすすめのグリーンスムージーは、市販の粉末状の商品です。

モデルなどの著名人や、海外セレブの間でもグリーンスムージーを飲んでいる人が多いので、以前から関心を持っていました。

仕事や家事で忙しいと、自宅のジューサーやミキサーを使うのが面倒になる時もありますし、多くの野菜や果物を揃える必要があるため、野菜や果物の価格が高い時は続けるのが難しいです。専用のジューサーやミキサーを使った後は、洗い物も片付ける必要があります。

おすすめのグリーンスムージーは、市販の粉末状の商品を選ぶと費用も抑えることができますし、忙しい人でも続けやすくなっています。専用のシェーカーと水で簡単に作れますし、ビタミンやミネラル、食物繊維、酵素などを摂取できます。

 

グリーンスムージーには、数多くの種類があり、お店によってカロリーも違うので、複数の商品を比較してから購入しています。マンゴー味やバナナ味のグリーンスムージーは、とても飲みやすくおいしいですが、甘味が強いと感じることもあります。

ラズベリーやいちご、アサイーなどが含まれたグリーンスムージーは、すっきりとした甘さなので、甘味が苦手だという人にもおすすめしたいです。

私は腸内の環境が悪くなって、便秘気味になると、ニキビが出来たり、肌荒れをしてしまうので悩んでいました。グリーンスムージーを毎日飲むことで、便通も整ってきますし、お肌の状態も改善されてきました。

女性は年齢に関わらず、美しい体型を維持するためにダイエットをしている人が多いですが、グリーンスムージーはカロリーが低いのでおすすめしたいです。夜遅く食事を食べた時は、朝は食欲がない時が多いですが、グリーンスムージーなら飲むことができます。

美容に良いのはもちろん、健康維持にも役立てています。

 

グリーンスムージーでのダイエットはおすすめ

夏に向けてダイエットしたい、と思っていても、食生活が乱れがちな自覚はありました。常々野菜不足も感じており、食生活は見直さなきゃと思いつつ、悩んでいるときに見つけたのがグリーンスムージーでした。グリーンスムージーが流行っているのは知っていたけど、野菜は苦手だしなと思っていましたが、果物も一緒に摂れると言うことで、始めてみることにしたのです。

一番効果的だと言われる朝を置き換えることにして、とりあえずバナナとミカン、リンゴと水菜を材料に初グリーンスムージーを体験してみました。水菜の色でグリーンですが、思った以上にフルーティーな味わいでした。これなら生野菜が苦手な自分にもできると確信し、色々な野菜を買い込んではミキサーで一番美味しい組み合わせを探しているうちに、脂肪が減って行ったように感じます。

おすすめの組み合わせとしては、キュウリとトマト、バジルは少しのレモン汁を加えたものはスープ感覚で飲めるものや、小松菜とバナナに色々な果物を足したものが私のお気に入りです。

グリーンスムージーでのダイエットは、野菜が不足している人におすすめです。グリーンスムージーは、生野菜や果物の酵素を丸ごと飲めることができ、ビタミン類やミネラル、アミノ酸などを効率よく摂取することができるため、脂質や糖質をあまりとらないため、脂肪をつけずに痩せることができるダイエット効果のほか、便秘の解消やデトックス効果による、美肌や肌トラブルの解消などを期待することができます。

朝からミキサーを出すのは面倒くさいという人には、粉末タイプのものも市販されているため、それを水だけではなく豆乳で割ったり、ヨーグルトにかけて食べるなども簡単でおすすめです。

 

グリーンスムージー私のおすすめの取り方

グリーンスムージーは、緑色の生の葉野菜やフルーツをミキサーで混ぜ合わせて作った、健康と美容に効果があると、人気のあるドリンクです。

酵素や食物繊維が豊富で、継続して摂ることで、ダイエットやデトックス効果が実感できます。

グリーンスムージーは、ミキサーさえあれば誰でも簡単に作ることができるので、無理しないでダイエットしたいとか、美肌を目指したいと言う人にはおすすめです。

グリーンスムージーの作り方は、リンゴやグレープフルーツなど好きな果物を適当な大きさにカットして、ほうれん草やチンゲンサイなどの緑色の葉野菜も適当な大きさにカットして、ミキサーにかけるだけです。

私のおすすめは、バナナを入れると甘くなって飲みやすくなりますし、リンゴやキュウイも美味しく飲みやすい味になります。私は皮や種などもとらずに、そのまま入れてミキサーにかけるので、後片付けも楽です。丸ごとミキサーにかけるので、豊富な食物繊維をそのままとることができますし、ミキサーにかけて細かくするので、消化の負担が少なくて、栄養は吸収しやすくなります。

グリーンスムージーは、飲む前後の40分に食事をしてはいけないと言う決まりがありますから、毎日の朝食に取るようにすると苦にならずに毎日続けることができます。はじめのうちは、お腹がすいちゃうことがありますが、そういう場合にはちょっと量を増やしてみるとか、ナッツ類を少し加えてみるのも、腹持ちが良くなるのでおすすめです。

冬などは、体を冷やしてしまうことがあるので、白湯を飲んでから常温のグリーンスムージーを飲むのも良いですし、グリーンスムージーを作るときにショウガを加えてみるのもおすすめです。チューブのショウガでも構いません、味もよほど入れすぎなければ悪くならないので冷えの対策になります。

 

置き換えダイエットにおすすめのグリーンスムージー

グリーンスムージーは、健康的に痩せたい方におすすめのダイエット方法です。

朝食を置き換えるだけで、みるみるうちに体重が減ってきました。つくり方ややり方も簡単です。

まずは、いつも買い物に行くスーパーなどで、新鮮な野菜と果物を購入します。グリーンスムージーと呼ばれるものなので、ほうれん草や小松菜といった緑を多く含んだ野菜を入れるのが良いでしょう。
果物は、リンゴやキウイ、イチゴ、マンゴーなど、その時々の旬のものを入れました。特に、コストパフォーマンスが高い、バナナはおすすめです。値段が安いうえに、利尿作用に良い成分も多く含んでいるので、むくみ解消にもなります。

私のおすすめのグリーンスムージーの材料は、小松菜、リンゴ、バナナです。特に、小松菜は、青臭い匂いがしないので、飲みやすいです。

これらの野菜や果物を一口サイズに切ったら、後はミキサーにかけるだけです。最近では、高機能で高性能な、お値段の高いミキサーも出ていますが、昔からある3000円ほどのミキサーでも十分ですよ。冷蔵庫に保存すれば作り置きも可能ですが、私は鮮度を大事にしたかったので、作り立てにこだわりました。

グリーンスムージーの最大のメリットは、栄養面です。
毎日、野菜や果物からビタミンやミネラルなど、美肌や健康に良い成分を豊富に摂取できます。また、一杯飲むと腹持ちがいいので、必然的に、お昼ご飯の量も減少しました。間食もなくなりましたよ。

朝食をグリーンスムージーに置き換えた、結果、1か月で3キロ減量に成功しました。

他にもメリットがあり、体重減少だけでなく、毎日の便通もよくなり、お肌もツルツルになりました。手軽で簡単にきれいに痩せられるので、置き換えスムージーダイエットはおすすめです。

 

胃腸が弱い人におすすめしたいグリーンスムージー

昔から胃腸が弱いためか、冷えや倦怠感を感じやすい体質をしており、何とか改善しようと運動を頑張っています。ですが、運動をするにも胃腸が弱いので、どことなく力が入らず、なかなか運動が持続できないでいました。

これは先に食事を工夫して体質改善を行った方がよいと感じ、最近話題になっているグリーンスムージーという飲み物にチャレンジすることにしてみたんです。グリーンスムージーは野菜や果物を使った、オリジナルの飲み物です。ミキサーにかけるだけで、できあがりますので、誰にでもできるおすすめの飲み物になります。

グリーンスムージーは見た目が緑色ですし、野菜が使われているため、青汁のようなイメージがわくでしょうが、果物もふんだんに使いますから、口当たりがよく、子供でも美味しく飲めるくらいです。青臭い、苦いのが苦手な人には特におすすめです。

しばらくグリーンスムージーを毎日のように飲み続けてみましたが、とても消化が良いように感じます。胃腸が弱い自分でも、胃もたれ感がなく、スッキリと飲み終えられるので、胃腸が弱い人や病気を患っている体力のない人にも最適です。子供に飲ませる時には、果物の味を濃くしてあげることをおすすめします。

今では寝起きが良くなり、朝から軽くジョギングをする習慣が身につきました。以前まではこのような体力や気力がわきませんでしたが、これもグリーンスムージーを続けてきたおかげでしょう。ジョギングを終えた後にグリーンスムージーを飲むと格別に美味しく、これを飲むためにジョギングをしているのではないかと感じるほどです。

美味しい飲み物を手に入れ、同時にジョギングに励めるくらいに体力をつけることができるんですから、とても効率の良い健康法といえるでしょう。

 

 

おすすめ生の葉野菜でつくる新鮮なグリーンスムージー

健康的なバランスの取れた食生活を送っているつもりでも、家庭内でも外食でも好き嫌いがでてしまい、それが日々の体調や健康診断の結果としてあらわれてしまっていませんか。

自分自身、ついつい肉食に偏ってしまい、二十代の頃と比べて体重が10キロも増えてしまい、緑黄色野菜の摂取が足りない状態でした。肌も荒れ気味で便秘がちでしたが、食事を減らすダイエットよりも、口にしたいときに飲めるグリーンスムージーを飲み続けようと思い立ち、いろんなレシピを集めて自分なりのグリーンスムージーにたどりつきました。

青菜特有の独特な癖がなく、みなさんにおすすめなのは「小松菜とバナナのグリーンスムージー」です。
小松菜は関東で雑煮でも使われる冬が旬の野菜ですが、一年をとおして栽培されていて、入手しやすくお手頃な価格であるだけでなく、ビタミンAや鉄分はもとよりカルシウムも多く含んでいます。

そんな小松菜に合わせるのがバナナ。こちらは食物繊維タップリで、便秘の予防や便意を促しますから、バナナだけを毎日食べるのもおすすめですが、やはりグリーンスムージーにしておけば、見た目もきれいなグリーンで、さらに栄養のバランスが獲れるだけでなく、好きな時に好きなだけ楽しめます。

さらには小松菜とバナナをベースにしてグリーンスムージーのバリエーションを楽しむこともできます。ショウガやリンゴをミックスすれば身体の冷えにも効果がありますし、大葉を加えれば夏らしい清涼感がプラスされます。

また個人的におすすめしたいのが、小松菜とバナナにアボカドをプラスするグリーンスムージー。これにホウレン草をプラスしても相性がよく、アボカドのトロ味が癖になってしまいます。

こうして簡単なアレンジをするだけで毎日のダイエットライフに潤いと彩りが増すことはもちろんのこと、お腹が減らないのに少しずつ体重が減っているのが本当に嬉しいです。